NO
MUSIC
NOLIFE

<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
# -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | |
<< 『まごころに』100s | main | 『ここでキスして。』椎名林檎 >>
『Fight The Blues』宇多田ヒカル
We fight the blues
クヨクヨしてちゃ敵が喜ぶ
男も女もタフじゃなきゃね

…女はみんな女優
か弱いふりして めっちゃ強い
それでも守られたいんです

憂鬱に負けそうになったときもある
流した涙は僕の自由…

…期待をされてプレッシャーすごい
それでもやるしかないんです…

 (『HEART STATION』収録掲題曲より歌詞一部抜粋


作品を出すたびに増す周囲からのプレッシャーに対する回答ともとれる、
最新アルバムの序曲、『Fight The Blues』。

強かだけれども、時にもろい女のリアルな心情を、
さらけ出せる宇多田ヒカルはやっぱり最強だなあと。
入社したてのころは、
環境に慣れるのも色々と困難でくじけそうになることも多かったけれど、
この歌を聴くたびに何度でも立ち上がれた。

どこかオリエンタルで、気持ちを高揚させるサウンドも、
憂鬱な気分をまっさらにしてくれます。


JUGEMテーマ:お気に入り



| - | - | 07:11 |
# -
スポンサーサイト
| - | - | 07:11 |
このブログって?
気持ちにあった音楽をかけるだけで、ほんのちょっぴり生活が華やげるように、当ブログでは一日一曲を目標に、新旧問わず邦楽を紹介しております。『売れ線』ではない、意外に知られていない曲もあるかと思うので、みなさんの音楽ブクロが少しでも広がれば幸いです。


★直近のLIVE参戦予定★
・andymori
・清竜人
・くるり


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
Categories
Selected Entry
MUSICA ( ムジカ ) 2010年 04月号 [雑誌]
MUSICA ( ムジカ ) 2010年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

月刊のCDレビューが気になってついつい読んでしまうMUSICA。今月号は大注目のサカナクション特集!
kikUUiki(初回限定盤)
kikUUiki(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
サカナクション
サカナクションのNewalbum!初期の頃からのファンです、踊れます、酔えます、LIVEはさらに酔いどれます!どこまで行ってくれるのか、楽しみすぎます。
横濱ウィンナー [DVD]
横濱ウィンナー [DVD] (JUGEMレビュー »)
くるり
くるりファンとしてのひいき目ではなく、ここ数年のベストライブ!オケとロックの融合という安い枠には収まらない、音楽の奇跡がここにありました。
ファンファーレと熱狂
ファンファーレと熱狂 (JUGEMレビュー »)
andymori
無条件にかっこいい。尾崎豊ばりの繊細さをはらみながら、若さ特有の攻撃性も持ち合わせた小山田くんの声も、一度聞いたら体が反応してしまうそのリズムとメロディも。
WORLD
WORLD (JUGEMレビュー »)
清 竜人
ここ5年間で最大の衝撃!単に歌が上手い人ならいくらでもいるけど、清竜人の歌声は心をわしづかみにされてしまう。心の奥底から絞り出される思いと歌声に、音楽の力を再認識させられます。
Archives
Links
Profile
Comments
Mobile
qrcode
これ気になる!
Others
Search this site
Sponsored Links