NO
MUSIC
NOLIFE

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | |
『ウアホ』奥田民生


胸おどるアホー 本当のことを知るアホー
おこるアホー にげるアホー
アホーアホーというアホー

(『GOLDBLEND』収録『ウアホ』より歌詞抜粋)


老若男女に好かれる奥田民生のちょっぴり異色作。
ぱっと聞いただけでは、民生だと気づかない人も多いのでは。

曲のはじまりから最後までアホーアホーを聞いていると、
なんだろう、いろんなことがどうでもよくなるというか。
その歌詞の割にトーンが暗いから、
冷静に、悩みやらしがらみやらをほっぽることができるというか。

やっぱり困ったときの民生さんです。


 JUGEMテーマ:お気に入り
| - | - | 23:14 |
『ここでキスして。』椎名林檎
違う制服の女子高生を
眼で追っているの 知ってるのよ
斜め後ろ頭ら辺に痛い程視線感じないかしら
そりゃあたしは綺麗とか美人な
タイプではないけれどもこっち向いて

行かないでね
どんな時もあたしの思想を見抜いてよ
あなたの長い睫毛も其の華奢で大きな手も
全部大好きなの
何処にだってあなた程のひとなんて居ないよ
あなたしか見て無いのよ
今すぐに此処でキスして

(『無罪モラトリアム』収録掲題曲より歌詞一部抜粋)


思春期の頃は、恋をするときに自他ともに容姿を気にしてしまう。
だから林檎姫の、
この歌で叫ばれる『こっち向いて』にものすごく共感してしまう。

あたしには足りてないものばかりだけれども、
あなたを思う気持ちだけはいっぱいなのよ、
といわんばかりの女の精一杯の思いに、ぐっと胸が熱くなる、
あーあたしも恋がしたい、とつい漏らしたくなる、そんな一曲。


JUGEMテーマ:椎名林檎
| - | - | 08:17 |
『Fight The Blues』宇多田ヒカル
We fight the blues
クヨクヨしてちゃ敵が喜ぶ
男も女もタフじゃなきゃね

…女はみんな女優
か弱いふりして めっちゃ強い
それでも守られたいんです

憂鬱に負けそうになったときもある
流した涙は僕の自由…

…期待をされてプレッシャーすごい
それでもやるしかないんです…

 (『HEART STATION』収録掲題曲より歌詞一部抜粋


作品を出すたびに増す周囲からのプレッシャーに対する回答ともとれる、
最新アルバムの序曲、『Fight The Blues』。

強かだけれども、時にもろい女のリアルな心情を、
さらけ出せる宇多田ヒカルはやっぱり最強だなあと。
入社したてのころは、
環境に慣れるのも色々と困難でくじけそうになることも多かったけれど、
この歌を聴くたびに何度でも立ち上がれた。

どこかオリエンタルで、気持ちを高揚させるサウンドも、
憂鬱な気分をまっさらにしてくれます。


JUGEMテーマ:お気に入り



| - | - | 07:11 |
『まごころに』100s
愛したっていいから、
愛したっていいから。
本当の『幸せ』とは、
ここからさ、見える『ありきたり』だ。

(『世界のフラワーロード』収録掲題曲より歌詞一部抜粋)


100s率いる中村一義の歌は、
日本語のようにも、英語のようにも聞こえる。
リズムとメロディにあわせてデタラメな歌詞をつけているのかと
思ってよくみてみると、その考えこそデタラメだと痛感する。

彼が歌っていることは、いつだってシンプル。
何の衒いもない。

ようするに、受け取り方の問題なのだと気づかされる。
『ありきたり』を『幸せ』と思えるよう、
シンプルな受け取り方について、今一度考える。

そんな、100sの『まごころに』。


JUGEMテーマ:お気に入り
| - | - | 06:57 |
『おはよう今日の日』空気公団
おはようのあいさつにあわせて
僕らの今日が始まっていく
通りに新しい風が待っている
おはよう今日の日

(『おくりもの』収録掲題曲より歌詞抜粋)


何の衒いもないシンプルな思いを、ストレートな歌声で伝えるこの曲。

『おはよう』と一言いう、ただそれだけのことで、一日はさわやかになる。
当たり前のことを、当たり前にする、それなのに伝わるものが大きいのは、
空気公団の持つ音楽がそれだけ純粋な証拠なのかもしれません。

少し荒んだ気持ちの朝には、この曲を聴いて気分をリセットしてみては。


JUGEMテーマ:お気に入り

| - | - | 09:38 |
『サラウンド』クラムボン
…上昇気流に飛び乗ってゆこうよ
あなただって私だってどこにだってゆけるよ きっと

…湧き出る音に染み込む音に
背筋のばして町に出かけよう

はじめてごらんよ 歩いてごらんよ
右から 左から 駆け抜けるサラウンド

(『best』収録掲題曲より歌詞一部抜粋)


郁子チャンのすーっと吸う息づかいからはじまる『サラウンド』。
気持ちよくぐんぐん伸びる歌声と高揚感のあるサウンドを聴いていると、
自転車に乗って、背筋のばして、
どんどん坂道をのぼっていきたくなっちゃいます。


クラムボンは私的に、キングオブポップス!
ソロももちろん郁子ちゃんの声が生きてていいけれども、
やっぱりクラムボンの3人が揃うと最強!

ちなみにベスト盤ではこの次に『便箋歌』という泣かせる曲がきてて、
実に憎い構成となっているので、クラムボン初心者は是非ベスト盤『best』からどうぞ。


JUGEMテーマ:クラムボン

| comments(28) | trackbacks(0) | 16:33 |
『転がる岩、君に朝が降る』ASIAN KUNG-FU GENERATION
出来れば世界を僕は塗り替えたい
戦争をなくすようなたいそれたことじゃない
だけどちょっとそれもあるよな

俳優や映画スターには成れない
それどころか君の前でさえも上手に笑えない
そんな僕に術はないよな
嗚呼…

何を間違った?
それさえもわからないんだ
ローリング ローリング
初めから持ってないのに胸が痛んだ

(『ワールド ワールド ワールド』収録掲題曲より歌詞抜粋)


どんなに願っても、手が届かないものはこの世にたくさんある。
才能とか、運とかはその最たるもの。

でも届かない、としても追い求めてしまうのがきっと人間の性で、
大切なのは『持っていない』ことを知っていることなんじゃないかと
最近強く思う。

そして『持っていない』ことを知りつつ、追い求めることは、
決して無駄なことではないとも思う。

だってその人は『持っている』人とは違った成し遂げ方ができるはずだから。

『俳優や映画スター』にはなれないけれども、
違ったあり方を信じて、
多分わたしは今日も世界について考えてしまうのです。




| - | - | 22:33 |
『くちばしにチェリー』EGO-WRAPPIN'
チェリーいつまでもUP BEAT 
届けてよ胸にもっと もっと 赤をもっと 
くちばしにチェリー
不純けちらして行こ 後光射す明日へ着地 着地
底抜ける晴をもつビート

(『BEST WRAPPIN' 1996-2008 』収録掲題曲より歌詞一部抜粋)


よっちゃんのいい女っぷり(LIVEの煽動ぶりは半端なくかっちょいい)で、
どうしても不純な香りがぷんぷんなこの曲ですが、
実はそんな不純すらもけちらして先にぐいぐい進んでやろうという、
非常に前向きな歌なのです。

この曲を聞くときぐらいは、
女の独り酒を『大人の嗜み』にとらえて頂けると幸いです。

『大人の嗜み』が行き過ぎて、
別な意味で『明日へ着地』しないよう、要注意ですが。



JUGEMテーマ:EGO-WRAPPIN¥'
| - | - | 08:00 |
『ショートホープ』中村一義
 ー『つまんねぇ』。そんな気分に呑まれちゃって、
つまんねぇヤローになんないで。

『変わんねぇ』。そればっか、まだ言うだけで、
君も変わらないんだねえ。まあ、こっち向いて、

あれがダメだ、これがダメだ、ばっかだったら、もうホント、
オレの全て、今の全て、空っぽさ。

飛び込んでいこうよ、その手かして。
飛び込んでいこうよ、見えるから。

ー誰のためか、何のためか言う前にな、ちょっと、
底の奥の本当の声、聞かせてよ。

(『ERA』収録掲題曲より歌詞一部抜粋)


こんな不安定な世の中だから、
ついつい不満を漏らしたくなる自分ももちろんいる。
不満を溜めるのはとっても毒なので、
吐くことは良しとしよう。

でも、吐いた分だけ、何か得たいものです。
じゃないと、『空っぽ』になってしまうから。

ショートホープふかして、斜に構えて不満たらたらな男子たちに、
体の奥底から『ちょっとの希望』を聞かせてよ、
といいたくなる、そんな中村一義の『ショートホープ』。

ちなみに、愛しの岸田繁氏がギターで参加してます。


JUGEMテーマ:お気に入り




| - | - | 08:55 |
『Sufer King』フジファブリック
ーギラギラ パツキンが風になびくぜ
浜辺を横切る大きな男
ボード片手に…

ーサーファー気取り アメリカの彼
ー王様気取りのメメメメメリケン!!

(『TEENAGER』収録掲題より歌詞抜粋)



志村さんはもういない。
もう彼が作った新しい曲は聴けない。
それは、とても悲しいこと。

でも彼がかつて作った曲はいつもそばにあって、
フジファブリックしかできない音で、
フジファブリックしかできない曲を奏でて、
何度聞いても新鮮な驚きを与えてくれるのです。

スタンダードな名曲もさらりと作れるのに、
こういうフジファブリック節を常にきかせるその多彩ぶりに、
敬意の念を表して、
今日は『Sufer King』ですべてを忘れて踊り狂いましょう。

ー王様気取りのメメメメメリケン!!


JUGEMテーマ:フジファブリック

| - | - | 08:35 |
このブログって?
気持ちにあった音楽をかけるだけで、ほんのちょっぴり生活が華やげるように、当ブログでは一日一曲を目標に、新旧問わず邦楽を紹介しております。『売れ線』ではない、意外に知られていない曲もあるかと思うので、みなさんの音楽ブクロが少しでも広がれば幸いです。


★直近のLIVE参戦予定★
・andymori
・清竜人
・くるり


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
Categories
Selected Entry
MUSICA ( ムジカ ) 2010年 04月号 [雑誌]
MUSICA ( ムジカ ) 2010年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

月刊のCDレビューが気になってついつい読んでしまうMUSICA。今月号は大注目のサカナクション特集!
kikUUiki(初回限定盤)
kikUUiki(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
サカナクション
サカナクションのNewalbum!初期の頃からのファンです、踊れます、酔えます、LIVEはさらに酔いどれます!どこまで行ってくれるのか、楽しみすぎます。
横濱ウィンナー [DVD]
横濱ウィンナー [DVD] (JUGEMレビュー »)
くるり
くるりファンとしてのひいき目ではなく、ここ数年のベストライブ!オケとロックの融合という安い枠には収まらない、音楽の奇跡がここにありました。
ファンファーレと熱狂
ファンファーレと熱狂 (JUGEMレビュー »)
andymori
無条件にかっこいい。尾崎豊ばりの繊細さをはらみながら、若さ特有の攻撃性も持ち合わせた小山田くんの声も、一度聞いたら体が反応してしまうそのリズムとメロディも。
WORLD
WORLD (JUGEMレビュー »)
清 竜人
ここ5年間で最大の衝撃!単に歌が上手い人ならいくらでもいるけど、清竜人の歌声は心をわしづかみにされてしまう。心の奥底から絞り出される思いと歌声に、音楽の力を再認識させられます。
Archives
Links
Profile
Comments
Mobile
qrcode
これ気になる!
Others
Search this site
Sponsored Links